home

目の疾患の一つである飛蚊症は、誰もが遭遇する頻度の高い病気です。
明るい場所では視界に糸くずや影、蚊などの浮遊物が見え、暗い所では見えない症状になります。
症状が原因でストレスになり、その後ノイローゼになったりした人もいるほど、経験している人が多いでしょう。
多くの場合は、加齢やストレスによる生理的飛蚊症と、重要な疾患を教えてくれる飛蚊症です。
重要な疾患とは、網膜剥離や網膜破裂、ぶどう網炎や硝子体出血などになります。
原因で一番多いのが、硝子体剥離によるものです。
また、重要な場合でもなく高齢でもない場合にも起こり、ほとんどの場合では良性で治療を必要としないでしょう。
自然に治る病気であり、自然に改善する事が一番良いのです。
しかし、いつまで経っても良くならず生活や仕事に支障が出て来た場合は、レーザーがお勧めになります。
欧米では30年前からスタートしているのですが、日本では2013年8月にようやく治療が可能になったのです。
メスを使ったり、機械が直接目には触れない様になっているので、安心して治療を受ける事が出来ます。
レーザー治療は、網膜剥離に進展しない為の治療です。
値段も高くなりますし、失明するリスクもありますので、しっかり考えてからの治療をして下さい。