home

妊娠線は妊婦さんのお腹やバスト、お尻などにできる線です。
特に妊娠後期の悩みですが、でき方には個人差があって、ほとんど見られない人もいますが一般に多胎妊娠など特にお腹が大きくなる時にはよく現れます。
この妊娠線は、肉割れと同じ仕組みでできます。
つまりお腹やバストが大きくなったり太った時に、伸縮性のある表皮だけが伸びて皮下組織は亀裂してしまうことが原因です。
つまり体重を適正に保つことが妊娠線予防のために大切です。
しかし、マタニティライフでは、食べづわりといって何かしら食べていないと吐き気につながってしまう方も少なくありませんし、何よりお腹の中では赤ちゃんが急成長しているわけですから極端に食事を制限するなどはできません。
そこでケアの中心になるのが、皮膚を保護してあげることです。
真冬の乾燥シーズンにひび割れを起こしがちなように、皮膚表面が乾燥していると妊娠線ができやすいと言えます。
ランキングサイトの綺麗ママ美肌術では、妊娠線予防のためのクリームやオイルなどをその特徴や使い方のポイントとともに紹介しています。
全身に伸ばして使えたり、出産後も赤ちゃんと一緒に安心して保湿クリームとして使えるものなどは特におすすめです。
http://xn--pck4e3a2es54yzzas02gre4a1j6a.com/