home

我々の身近でも法律の果たす役割は広いものですが、法律と聞くと堅苦しい、難しい、よく解らない、親しみ辛いといった印象があります。
そして一般の人が弁護士に依頼することが多いのは、借金に関する悩みでの相談が多いはずです。
法律が如何にも堅苦しいからといって、依頼する弁護士まで堅苦しい人だいうことはありません。
法律の専門家は、普段はもっとも人間臭く、実は親しみやすい人なのです。
その点、JCK国際法律事務所の猪久保博成弁護士は、とても気さくな弁護士で会えば、従来持っている弁護士のイメージが変わる様な人となりであるそうです。
そして、担当する事件については、国際的な問題から、任意整理、自己破産、民事事件、刑事事件と幅広い分野を担当できるとのことで、法律的な問題であれば何でも相談できるのです。
猪久保博成氏・借金の問題は弁護士に無料相談で解決