home

本郷 智祥は不動産会社の営業マンとして日々働いていますが、やはり気をつけていることがあります。初心を忘れないことと、人の話をしっかり聞くこと、準備を万全にしておくことです。

不動産会社の営業マンとして働いていると、自分で何件も物件を探して売っています。ですが、お客さんにとっては不動産を購入するなどあまりない機会です。まして最近では、相続税対策のために、不動産市場に明るいと言えない中高年や高齢者の人でも、不動産を買おうとしています。そのため、初心を忘れず、不動産についての知識がなかった自分に置き換えて情報提供をするようにしています。

次に、本郷 智祥が営業マンとして心がけていることは、自分が話をするのではなく人の話を聞くことです。これは、自分がたくさん話をする営業スタイルでないこともありますが、やはりしゃべるだけの営業マンからは購入してもらえないからです。最後に、これは持って生まれた性格とも言えますが、慎重に準備をするようにしています。