home

インプラントは虫歯や歯周病、ケガや病気によって歯がなくなった所に、チタンの人工の歯根を埋め込む治療のことです。
チタンは丈夫なものです。
治療についてくわしく言うと、人工の歯根を埋め込み、その歯根の上に、まるで自分の歯のような、しかも真っ白な人工の歯を付けます。
歯根が全く残ってなくても、人工の歯を付けることができます。
その手術は痛いというイメージがあります。
実際は手術の際に麻酔、あるいは静脈内鎮静法を行うわけですから、ほとんど痛くありません。
手術は30分くらいで済みます。
治療期間については、きちんと歯根がくっつくまでに6週間~10週間くらい必要です。
そして、歯を入れるための型をとるためにもう数週間必要です。
また、治療中、歯がない所に仮歯や仮の入歯を入れますから、見た目に問題はありません。
治療費については保険が適応されないため、それなりにかかりますが、かける価値は充分にあるでしょう。
上記のようなインプラントのメリットは上記の他にもあり、例えば入れ歯にする場合、その針金をかけた歯にどうしても負担がかかってしまいますし、針金をかけた歯は綺麗じゃありません。
インプラントなら、そう言ったことはありません。