home

電力自由化というものをご存知でしょうか。
2016年4月から始まるものですが、そもそもこれまでは電気を購入ができる会社は限られていました。
しかし今後は家庭や小規模向けの電気の小売販売への新規参入が可能になったのです。
これによって、少しでも安く且つサービスの良いお店を選択する事が可能になったという事です。
消費者のメリットは当然選択肢が広がる事で、企業側としても選ばれるために様々なサービスや技術革新に大きく寄与できる点が多いでしょう。
しかしこうした電力自由化は、一戸建てだけとは限りません。
実はマンション住まいの場合でも重要です。
確かに一戸建てなら個人個人の契約になりますが、マンションは若干違うように思えそうです。
違いはまとめて契約するという点にあります。
勿論個別でも可能ですが、管理組合としての決議によって一括受電を行えば当然電力コストを大きく削減することにつながります。
個別でやると逆に費用が掛かる場合がありますから大勢の人と話し合って決めましょう。
しかし、設備の費用は掛かりえますが全体としてみてみれば大きな削減ができる事が多いようです。
電力自由化ライフというサイトは、こうした問題についてわかりやすく説明していますのでぜひ活用してほしいと思います。