home

日本各地にある温泉地の中で、知名度が高いのは箱根温泉です。
東京都心に近く、関東の小学校の修学旅行先として定番化しているという事もあって、一度は訪れた事のある方が多いでしょう。
幾つもの源泉があり、複数の温泉地が組み合わされて箱根温泉が形成されていますが、観光客が多いのは見どころが多い宮城野温泉です。
箱根のほぼ中央にあり、他の源泉を巡るのにも便利なため、老舗の温泉旅館やスパを併設した新感覚のホテルも多く、宿泊先をいろいろ選べるのも人気の理由となっています。
宮城野温泉は、日中の手軽な観光として人気の金時山ハイキングや、明星ヶ岳ハイキングの出発地点でもあり、駐車場が整備されているのは便利です。
強羅で一日ゆっくりと美術館を巡って、宿泊は宮城野温泉の老舗旅館でという方も多いです。
宮城野は古くから山歩きの拠点として利用されており、昭和30年代は強羅から温泉を引いて温泉地としても集客するようになりました。
昭和40年に源泉を明神ヶ岳の麓で掘り当てて、引き湯ではなく源泉を持つ温泉地になったため温泉旅館が増え、観光客が集まるようになったのです。
毎年春の時期は桜並木に咲く満開の桜と温泉を楽しみに、多くの人が集まります。