home

iphoneを水没させてしまったら、焦らず対処する必要があります。
良くドライヤーやストーブで乾かしたりしますが、熱により腐食が進みますので、スマホにとって良くありません。
また、つくかどうか確認したくなると思いますが、電源を入れてしまう事もおススメしません。
水没をしてしまった場合は、まずタオルなどできっちりと水分を取りましょう。
イヤホンジャックの部分なども、きっちり拭くことを忘れない事も大切です。
水分がとれたら、電源を入れたりすることなく、早く修理業者に修理依頼を出すことをおススメします。
それは、応急措置と修理に出すスピードによって、データが無事復旧する確率が大きく変わるからです。
修理には、メーカに修理してもらう方法と、iphone修理をしてくれる業者に依頼する方法の2通りがあります。
修理保証サービスなどに入っている場合は、メーカーに出すと良いでしょう。
ただし、修理に時間がかかるのと、データは消えて戻ってくるので注意が必要です。
データも出来れば復旧したい方は、修理業者に依頼すると良いでしょう。
交換までしなくても、ちょっとした修理で直せる場合もありますし、時間もメーカーに比べて早く返ってきます。
水没による修理は、時間との戦いになります。
焦らず、早めに修理に出すようにしましょう。